鎌倉祇園大町まつり

鎌倉祇園大町まつり

お囃子


大町のお囃子の歴史は、実はあまり定かではありません。ただ、師匠の話しによれば、師匠の師匠も、またそのさらに師匠も存在することが伺え、最低でも100年は遡って辿ることができます。おそらく江戸時代にはすでにこの地に存在し、現在まで途切れる事なく継続されて来ているものと推測されます。今回は、私が実際にお囃子に携わってからのお話をいたします。
昭和50年。私の母、山本芳子が、当時の師匠で後の会長である亡き石井正男氏に、子供の囃子連を作るよう依頼したのがきっかけでした。偶然にも石井氏が、私の父の職場の同僚であったこともあり、すぐに快諾をいただけたそうです。
母は、近所の子供のいる家庭一軒一軒に声をかけ、約30名の子供たちが集まりました。もちろん私もひとつ年上の姉と一緒に、その中の一員として居りました。
私はお囃子がすごく面白くて、数年で太鼓と笛すべてを覚えてしまいました。その頃には一期生のメンバーも10名程度に減ってしまいました。そこで、昭和58年、今度は私の呼びかけで、第ニ期生を募集いたしました。なにぶんにも若年のため、指導には苦労も伴いましたが、同じ一期生の同僚たちに支えていただき、何とか指導していくことができました。
その後、一期生が次々と就職し社会に出て行くにつれ、教える手が不足してゆくようになり「後継者の育成もこれまでか」と危ぶまれたこともありました。しかし今度は、第二期生が頑張って応援してくれたおかげで、さらに8年後の平成3年、第三期生を募集することができました。
こうして、メンバー皆、忙しいながらも協力しあい、募集と指導を繰り返しながら、現在では2年に一度の割合で募集を継続しています。

活動について

お囃子は、年に一度、ただ集まればできるものではありません。数えきれないほど長い日数をかけて練習していきます。活動も大町例大祭の他、春の鎌倉祭りから秋の郷土芸能大会まで、およそ半年間にわたります。それ以外の行事や練習も含めると、ほぼ一年中活動していることになります。
また数年ほど前から、特別養護老人ホームヘボランティアで慰問を行っています。当初は不安もありましたが、子供達にとっていい経験になると考え、お受けすることにしました。これからの会を支えていく子供たちには、立派な大人になるための経験をたくさんして欲しい。その一つの機会として考えたのです。

組織について
以前私たちの団体には、正式名称というのもがありませんでしたが、この伝統文化をしっかりと後世へ伝えていこうという意識の高まりから、旧き良き祇園の名を頂き「鎌倉大町祇園会」と名乗ることとし、会則も整えました。
組織の財産である太鼓や笛のフレーズは、口承で伝えられていましたが、現在は文書化、データ化して整備を進めております。

最後に
私は太鼓と笛で、現在までに延べ100人以上の子供たちを指導してきましたが、教え終わるまで残っていてくれる子はほんの僅かです。しかし、お囃子を続けることは素晴らしい事です。とくに大町のお囃子のように、上から下まで実に広い年代のメンバーに囲まれた環境は、子供たちの成長の場としても理想的なのではないでしょうか? 大町の皆様、これからのお囃子の活動を、どうぞ温かい目で見守って下さるよう、お願いいたします。

鎌倉囃子大町祇園会元会長 山本真也