鎌倉祇園大町まつり

四社の神輿

神輿は、神道の祭の際に、神霊が御旅所などへ渡御するに当たって一時的に鎮まる輿です。

大町まつりで使われる四社の神輿は、普段は八雲神社境内にある宝蔵殿に納められています。四社あるうちの一社は、1742年に、その他の三基は1860年に造営されました。

大町まつりでは、神霊を奉じた神輿が神幸祭では氏子区内を一巡、晩の神輿振りでは大町四辻より辻町踏切に至る道路にて、四社の神輿を揉みます。