鎌倉祇園大町まつり

左義長(サイト焼き)

日本では古来正月には先祖の神々(歳神)が訪れて、その子孫を祝福し、師弟には歳だまを授けると云われています。 この訪れる先祖神(お正月様ともいう)を迎える時、その目標としてたてるのが門松です。したがって喪に篭る家は神々の訪れを遠慮するため、目標となる門松はたてません。

正月元日に訪れた神々は十四日まで滞在し十五日には元の国へ帰られると云われています。

日本では古くから神々が元つ国へ帰られる時には、必ず送り火を焚いてこれを送ると云う風習が存しました。それが正月十五日(小正月)の焚き火となったものです。

要するに左義長(サイト焼)の行事は、神迎えに用いた木(門松)を焚いて神を送る行事である所から、その浄火によって門松や注連縄は申すに及ばず、古神札やお守なども一緒に寄せ集めて焚く習慣となったのです。

所によっては、お習字のお書初めを焼いて上達を祈ったり、浄火で餅や団子を焼いて食べ年中無病息災を願ったり、またこの浄火で暖まれば風邪を引かない、また若がえる等といわれています。 燃えさしの松の木片を、家屋敷のめぐりに挿して虫除けとする風習も残っています。

※神聖な火の行事のため、陶器・ガラス・佛具類その他不用品等の持込はご遠慮ください。